Trending

No tags found
Saturday Nov 26, 2022

テスラのオートパイロットとは?

オートパイロットは、テスラの画期的なテクノロジーです。自律走行システムを世に広め、自動車がどのような能力を発揮できるかを示した機能です。しかし、自律走行の最新情報を知らない人にとっては、非常にわかりにくいトピックでもあります。

オートパイロットとは一体何なのか、なぜ皆がこれほどまでに興奮しているのか、そして何がそれほどまでに議論を呼んでいるのか。ここでは、オートパイロットとは何か、何ができるのかをまとめています。

テスラモデルS対テスラモデル3:その違いは?

テスラは、最新のフル・セルフ・ドライビング・ベータ・アップデート(10.3)について、「いくつかの問題が見られた」としてロールバックしました。幻の衝突警告、Autosteerオプションの消滅、アダプティブ・クルーズ・コントロールの問題などの問題が報告されている

テスラは、FSDベータプログラムに参加しているドライバーに厳しいルールを課しており、不適切な使用をした場合には、そのドライバーを追い出します。具体的に何が該当するのかは不明ですが、ユーザーは運転中の不注意で警告を受けているようです。

テスラオートパイロットとは何ですか?

テスラのオートパイロットは、いわゆる自律走行支援システムです。簡単に言うと、テスラが周りの車や道路を「見て」、限られた範囲内で自分で運転できる機能です。

ただし、オートパイロットは、テスラを完全に自律的な自動運転車にすることができるわけではありません。このシステムは便利ですが、まだ非常に限定的であり、注意深いドライバーが瞬時にコントロールできることが必要です。それは「オートパイロット」という名前にもかかわらずです。

オートパイロットができること

基本的なオートパイロットは、最新のテスラに標準で搭載されているシステムです。このシステムは、あらかじめ設定された速度まで自動的に加速し、前方に見える他の車両や歩行者のためにブレーキをかけ、さらに車線の中央を維持するために最小限のステアリングを操作するという、非常に基本的な機能を備えています。

このテスラのオートパイロットシステムは、高速道路などでの長距離運転という「運転の中で最も負担のかかる部分をアシストする」ことを目的としています。また、これらの車には、緊急ブレーキ、衝突警告、ブラインドスポットモニター、アダプティブクルーズコントロールが搭載されています。重要なのは、最後の機能は加速と制動を制御するだけで、ドライバーはステアリングを握ることができるということです。

フルセルフドライビングはオプションで、米国のモデルSおよびモデルXのドライバーには、1万ドルの追加料金または月額200ドルのサブスクリプションとしてのみ提供されます。これは基本的に、ベーシック・オートパイロット・システムをさらに進化させたもので、運転を支援するための機能が追加されています。

FSDオートパイロットには、合流、出口、追い越しに対応できる自動車線変更や、走行中にオンランプからオフランプまで案内してくれる「オートパイロットでナビゲート」と呼ばれるものなどの機能が搭載されています。また、FSDにはオートパーキングシステム、信号機やストップサインの認識、駐車場から車を出してまっすぐに案内する「サモン」機能などが搭載されています。

また、FSDには、街中の道路でオートステアを作動させる機能が搭載されますが、テスラによれば、これは今年の後半に搭載される予定です。ただし、正確な時期については不明です。

テスラのオートパイロットにできないこと

オートパイロットについて覚えておくべき最も重要なことは、オートパイロットはテスラを自動運転車に変えるものではないということです。そのように見えても、オートパイロットはまだレベル2の自律走行システムに分類されており、その機能の多くはまだベータ版です。ドライバーの入力を必要としない完全な自律走行車は、レベル5のシステムに分類されます。今のところ、このような車は購入することができません。

テスラの言葉を借りれば、このシステムは「最悪のタイミングで間違ったことをしてしまう」可能性があり、経験豊富な人間のドライバーと同じようにあらゆる状況に対応できるわけではありません。

Back to Top