Trending

No tags found
Wednesday Sep 28, 2022

ドロップシッピングを始めるべき?

ドロップシッピングとは、企業が商品の在庫を持つ必要のない注文処理方法です。その代わりに、店舗が商品を販売し、その販売注文を第三者であるサプライヤーに渡し、そのサプライヤーが注文した商品を顧客に発送します。

しかし、一般的に言われているように、ドロップシッピングは一攫千金を狙えるようなものではありません。

このガイドでは、ドロップシッピングの現状を紹介します。

誰も語らないドロップシッピングの5つの厳しい真実

貯金をすべて新しいドロップシッピングビジネスにつぎ込む前に…やめておきましょう。

ドロップシッピングのビジネスは、ゼロから始めるのではなく、一人で維持するのも難しいのです。

その理由は以下の通りです。

1.利益率が低い。

確かに、自分で在庫を管理したり保管したりする必要がないため、諸経費は少なくて済みますが、その分リターンも少なくなってしまいます。

しかし、それだけではありません。つまり、利益を出すためには、多くのビジネスを行わなければならないのです。

考えてみてください。あなたが販売するたびに、そのお金のほとんどはサプライヤーに行きます。

あなたが稼いだお金は、基本的には上前をはねます。

これでは、マーケティングや広告、サイトの管理、受注管理、営業時間などの経費を賄うことはできません。

2. 競争力が高い。

ドロップシッピングビジネスを始めるのに必要な資金はごくわずかなので、その参入障壁の低さは競争の激しさを意味し、人気の高い市場は他の市場よりも苦戦を強いられます。

基本的に、企業が大きければ大きいほど、マークアップを減らして最低価格を提供することができます。

先に述べたことを繰り返すと、中小企業は価格競争力を維持するために利益を削らなければならず、ある時点でそれが維持できなくなってしまいます。

さらに悪いことに、あなたはサプライヤーと独占的な契約をしていないかもしれません。

つまり、同じ製品を販売している競合他社がいくらでもあるということです。また、起業したばかりの企業であれば、長年の経験を持つライバル企業がリソースを持っているため、価格を下げることができません。

3. サプライチェーンの管理ができない。

通常のEコマースでは、お客様から製品の品質や発送のスピード、返品ポリシーなどについてクレームがあった場合、自分で問題を解決することができます。

しかし、ドロップシッピングでは、仕入先の言いなりになりますが、お客様と直接話をしなければならないのはお客様です。

ドロップシッピングでは、仕入先が問題を解決してくれることを期待しつつ、自分たちではどうにもならないことでお客様を安心させることしかできないという、窮地に立たされていると言えます。

その上、ドロップシッパーがお客様とサプライヤーの間を行ったり来たりすることで、コミュニケーションに遅れが生じます。一方の回答が遅いと、すべてのコミュニケーションが停止し、問題解決に時間がかかります。

4. 法的責任の問題。

これはドロップシッパーにとって一般的な問題ではありませんが、言及しておく価値はあります。サプライヤーの中には、彼らが主張するほど合法的ではないものもあり、商品がどこから来たのかわからないこともあります。

さらに欺瞞的なのは、サプライヤーが商標登録されたロゴや他社の知的財産を違法に使用している場合で、これは平均以上に起こることです。

サプライヤーがどのような違法行為を行っていても、そのベンダーであるあなたは自動的に加担することになります。

5. ブランドの確立が難しい。

ゴーストライターや裏方の作曲家のように、ドロップシッピングを行う人は、自分の作品のクレジットが誰かに渡ることを理解しなければなりません。

もし、あなたが販売している商品がとても素晴らしいものであったとしても、お客様はその商品のブランドに主眼を置き、買い物の体験を完全に忘れてしまうでしょう。

箱にはあなたのロゴが入っていないのですから。

買い物客はまずお気に入りのオンラインショップを利用する傾向があるため、eコマースではブランディングが非常に重要です。

Back to Top