Trending

No tags found
Wednesday Sep 28, 2022

ロボットウェイターがいる東京の新しいカフェ

信じられないようなユニークな文化が誕生する場所、東京。今回そんな東京の日本橋に新しくオープンした「ドーン・アバター・ロボットカフェ」は、ロボットがウェイターを務めるカフェとして注目を集めています。

「ドーンアバター・ロボットカフェ」の誕生

2021年6月22日、ロボットが運営する東京最新のカフェが日本橋にオープンしました。

新宿の「ロボットレストラン」では、ロボットに扮した人間がディナーショーを行っていますが、「ドーンアバター・ロボットカフェ」では、本物の人型ロボットがお客さまをお迎えし、お食事やお飲み物を提供します。

このカフェは、障害者の雇用機会を増やすことで、アクセシブルなビジネスとして運営されています。

「ドーンアバター・ロボットカフェ」では障がいや育児などの理由で長時間外出できない人のために、インターネットを介して遠隔操作されるロボットが、アバターとして登場します。 

株式会社オリィ研究所

「ドーンアバター・ロボットカフェ」は、アクセシブルな社会の実現を目指す日本のロボット企業、株式会社オリィ研究所の最新の事業です。共同創業者である吉藤健太郎氏は、3年以上も病院で寝たきりになった経験から、遠隔操作が可能なアバターロボットをデザインすることを思いついたそうです。

「OriHime-D」と呼ばれるロボットは、身長120cmで、カメラ、マイク、スピーカーを搭載しており、空間を移動しながら「話す」「命令を受ける」ことができます。そして、命令に従いつつ、ウェイターとして働くことができるのです。

アバターロボットカフェ

の社会参加が困難な人もいます。このロボットは目の動きだけで操作できるので、体が不自由な人でもカフェで働くことができます。ロボットのアバターを使うことで、他の人と交流する機会が増え、障害を持つことによる孤独感が軽減されるという点で、これは大きな進歩です。 

今井通夫の例

東京のカフェで、今井通夫はお客さまをお迎えしていますが、それは本人ではありません。今井さんは、800キロ離れた広島市で、インクルーシブ雇用の実験の一環として、ロボットウェイターを操作しているのです。

今井さんは、ドーンカフェの「パイロット」として働く約50人の心身障害者の一人で、自宅でロボットスタッフを操作しています。

このカフェのロボットは、単なる仕掛けではなく、外で働くことが難しい人たちに仕事の機会を提供することを目的としています。

ロボットのコントローラーは、日本のウェイターの標準的な給与である時給1,000円を得ています。

現代社会では、一般的な企業の標準的なシステムや、東京のような混雑した都市を移動する際の身体的リスクのために、従来の意味での社会参加が困難な人がいます。このロボットは目の動きだけで操作できるので、体が不自由な人でもカフェで働くことができます。アバターロボットを使うことで、他の人と交流する機会が増え、障がいによる孤独感が軽減されるという点で、これは大きな進歩です。 

Back to Top