Trending

No tags found
Sunday May 22, 2022

日本に行ったら絶対に食べたい日本の伝統料理

日本に行ったら、必ず食べたい日本の伝統料理をご紹介します。寿司、味噌汁、うなぎ、天ぷら、そば、うどん、おにぎりなど、日本の豊かな食文化である「和食」を満喫するためのメニューをご紹介します。

お寿司

世界で最もよく知られている日本食のひとつが「寿司」です。一皿100円程度のリーズナブルな価格で寿司を楽しめるエンターテインメント性の高い回転寿司から、静かなカウンターに座って目の前で握られる寿司を食べる高級老舗の江戸前寿司まで、その提供方法や価格はさまざま。

寿司は通常、押した酢飯の上に、ネタと呼ばれる生の魚介類を載せた料理を指します。寿司は一般的に醤油とワサビで食べますが、ワサビがあまり好きでない人は「サビ抜き」を頼むことができます。

お寿司は、お箸で食べることも、直接手で食べることもできます。

刺身

刺身もぜひ試していただきたい食べ物です。お寿司に似ていますが、お米がない分、生の魚を食べやすく切ったものです。日本各地で獲れる魚は質が高いので、東京や京都など、どこに行っても美味しく食べることができます。

寿司と同じように、刺身にも数多くの種類があり、代表的なものとしては、マグロ、サーモン、サバ、鯛などがあります。また、アサリやウニ、イクラなども人気があります。いろいろな種類を注文して、自分の好みの魚介類を見つけてください。

天ぷら

天ぷらは、魚介類や肉、野菜などの食材に衣をつけて油で揚げる料理です。衣には通常、小麦粉と卵が使われ、天ぷらは一般的に「天つゆ」と呼ばれる特別なソースにつけて食べます。天つゆとは、昆布や鰹節からとった出汁、みりん、醤油を4:1:1の割合で混ぜ合わせて煮詰めたもの。お好みで生姜や大根おろしを加えると、よりさっぱりとした味わいになります。

うなぎ

ウナギは主に川に生息する魚として知られています。日本では、高級日本料理店の代表的な珍味です。また、カジュアルなレストランでも、うなぎ料理の専門店がたくさんあります。うなぎ料理店では、串に刺したうなぎを、醤油、みりん、砂糖、酒などを加えた特製のタレで焼き上げる「蒲焼」が味わえます。

名古屋の名物料理「ひつまぶし」も、ぜひ食べておきたい伝統料理のひとつ。白いご飯の上に切り分けた蒲焼が乗っているという見た目には驚きますが、ネギやワサビなどの薬味を添えたり、温かい緑茶や出汁をかけてお茶漬けにしたりと、さまざまな食べ方があります。

そばとうどん

そばは、そば粉に水と小麦粉を加えて薄くのばし、幅1cm~2cmの麺に切った麺料理です。麺をお湯で茹でた後、冷たい汁に浸したり、熱い汁をかけたりして食べます。そばをおいしく食べるためには、昆布や鰹節でとった出汁に醤油やみりんで味付けした「つゆ」が欠かせない。

そばは温かくても冷たくても食べられるので、一年中楽しめる料理です。

Back to Top