Trending

No tags found
Saturday Nov 26, 2022

流しそうめんとは|食べ方とその歴史

1959年、高千穂町にある「千穂の家」では、地元の清らかな湧き水を利用して流しそうめんを考案しました。今でも日本中に広まっているこの伝統は、スタッフが竹を半分に切った長いシュートに冷たい流水を入れることから始まります。スタッフが「いくよー!」と叫ぶと、下流のお客さんが水流の中から麺を引っ張り出すために、麺を入れます。ほとんどの店では、水道の先にあるカゴが滑りやすい麺を受け止め、店員が客のために取りに行きます。しかし、京都の名店「廣文」では、真っ赤に染まった素麺が流れてくるまでは、釣ったものがそのまま食べられます。

流しそうめんの食べ方

食事を始める前に、店員が流しそうめんの食べ方と待ち時間を説明してくれます。半分に切った長い竹の幹に、冷たく澄んだ水が流れていて、その中に麺が入っています。客は箸で麺をつかみ取り、醤油スープにつけて食べる。時には素麺が捕れないこともあります。しかし、心配はいりません。ピンクの素麺が流れてきたら、楽しい時間が終わったということです。

自分で作る流しそうめんの作り方

NAVFAC, CC BY 2.0 https://creativecommons.org/licenses/by/2.0, via Wikimedia Commons

半分に切った竹を用意して、流しそうめんを作ってみましょう。

手間はかかりますが、夏のアクティビティとしては最高に楽しいですよ。

材料

・そうめん

・めんつゆ

・しょうゆ 

・みりん 

・酒

・乾燥した海藻(昆布)

・鰹節(かつおぶし)

・生姜

・グリーンオニオン

・タイバジル

・七味とうがらし

流し素麺は、日本の夏の時期に家族や友人と一緒に行う楽しいアクティビティです。流れてくる素麺を自分の箸でキャッチするのが一番の楽しみで、その腕前が試されます。

 東京で流しそうめんを楽しめるのはここだけ![季節料理 鮒谷堂

東京で流しそうめんが楽しめるお店は、実は【季節料理 舟宿】の1店舗のみです。舟宿】は、東京に住む人にとって、とても貴重なスポットです。毎年6月下旬から9月下旬にかけて、大人1,600円、子供900円で流しそうめんを楽しむことができます。この価格には天ぷらと冷やしトマトが含まれています。プラス320円で素麺のおかわりができます。とてもリーズナブルです。

許可されている時間は1グループ90分で、流しそうめんでお腹いっぱいになるには十分な時間です。予約受付は6月中旬以降。おばあちゃんの家に遊びに来たような、古き良き時代の雰囲気が漂うお店です。今年の夏休みは、遠くに行かなくても東京にいながら、流しそうめんが楽しめる「船宿」で、家族でワクワクするような時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

大理石の素麺台や竹の器で流しそうめんを楽しもう【流しそうめん 兜山】

東京から車で2時間ほどの山梨県にある【流しそうめん 兜山】では、流しそうめんを楽しむことができます。こちらのお店では2種類の流しそうめんの楽しみ方があります。1つは竹製の容器に流すもの、もう1つは大理石の素麺台の上に流すものです。

この流しそうめんは、地下100mから汲み上げた冷たくてきれいな水で流しているので、夏の暑い日には、そうめんをよりおいしく味わうことができます。大理石の素麺台は丸い形をしているので、家族や友人と一緒にワクワクしながら楽しむことができます。

また、敷地内には滝があり、自然を肌で感じることができます。夏の暑い日や夏休みを利用して、山梨までドライブして、流しそうめんを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Back to Top