Trending

No tags found
Saturday Jun 25, 2022

面接の進め方

面接の進め方を学ぶことは、ビジネスに最適な候補者を採用するための重要なステップです。優れた面接は、あなたが候補者についてより深く知る機会となり、候補者があなたの会社についてより深く知る機会となります。

 募集ポジションに最適な候補者を採用するための効果的な面接を行うには、事前に準備をし、職務上のニーズを考慮し、目的に応じた方法で面接を誘導します。

この記事では、効果的な就職面接を行うためのヒントとベストプラクティスについて説明します。

面接の準備をする

募集している職務を評価し、候補者の履歴書やカバーレターに目を通し、来るべき面接に備えましょう。その職務が会社にとってどのようなニーズを満たすのかを考え、そのニーズと、希望する候補者に期待される教育、スキル、経験の要件を比較します。これらの要件を慎重に整理してリストにし、それをもとに意図的な面接質問を作成します。

面接官に会社とポジションを説明する

面接の最初に、自己紹介とポジションについて話しましょう。会社の簡単な背景と概要を説明し、面接中のポジションが組織の目的や目標にどのように適合するかを説明します。これにより、求職者はそのポジションに期待されることや責任をよりよく理解することができます。

面接者のキャリア目標を知る

職務に応じた面接の質問に入る前に、面接官のキャリア目標を理解することは有益です。職業上の関心事や、なぜそのポジションに興味を持っているのかなど、一般的な質問をしてみましょう。

これは、彼らが仕事上の成長においてどのようなことを期待しているかを理解する機会となり、また、会社やポジション自体に対する理解を深めるのに役立ちます。

 職務に関連した質問をする

候補者のキャリアゴールを聞いた後は、職務に関連した質問に移ります。事前に面接質問のリストを作成しておくことをお勧めします。

また、複数の候補者を面接する場合は、各候補者を採点する方法を考えておくとよいでしょう。例えば、質問に答えるときの自信と落ち着き、明確かつ簡潔に答える能力、複数の質問の各部分に対応しているかどうかなどを採点することができます。

フォローアップの質問でより多くの情報を集める

フォローアップの質問をすることで、候補者の経験についてさらに情報を集めることができます。候補者に答えを広げてもらうことで、候補者の思考プロセス、性格、価値観、経験などをより深く理解することができます。

重要な情報を忘れないようにメモを取る

より自信を持って、十分な情報に基づいて採用を決定するために、面接中にはメモを取り、後で詳細を思い出せるようにしましょう。例えば、候補者の第一印象を書き留めたり、ボディランゲージをメモしたり、候補者の回答から得た情報を書き留めたりすることができます。

Back to Top