Trending

No tags found
Saturday Aug 20, 2022

飲食店を開業するには

レストランを経営することは、多くの起業家にとって夢のような仕事です。そこで、レストランを始めるためのチェックリストを作成しました。

レストランのコンセプトとブランドを選ぶ

自分の店を持つことを夢見ている人は、店のコンセプトについて相当考えているはずです。どんな店にしたいのか、どんな料理を提供するのか、どんなサービスをするのか。また、店内のインテリアもコンセプトに沿ったものにする必要があります。

メニューの作成

メニューを作ることは、レストランをオープンするための次のクリエイティブなステップです。どのメニューを採用するかは、料理好きな人なら誰でも楽しめるはずだが、慎重に決めなければならいけません。メニューの内容によって、必要な設備やスタッフのスキル、客層などが変わってきます

レストランビジネスプランの作成

レストランを始めるには、他の新規事業と同様に、しっかりとしたビジネスプランが必要です。このステップは、ビジネスプランやその書き方に慣れていない人にとっては、つまずきやすい部分でもあります。レストランのビジネスプランは、レストランのコンセプトから財務状況まで、新規事業のあらゆる側面を説明するセクションに分かれています。事業計画書の目的は、投資家に向けて事業の詳細を説明し、事業内容を要約することです。融資を受ける際には、このビジネスプランが事業の成功の証となります。

レストラン資金の調達

次に必要なのは、資金調達です。ほとんどの人は、資金援助なしでレストランを開業するための十分な自己資金を持っていません。外部から資金を調達できるかどうかで、レストラン経営の夢が実現できるかどうかが決まります。

レストランの予算ができたら、総費用と手持ちの資金を比較して、必要な資金額を決定します。ライセンス、設備、建物の修繕費、スタッフの給料なども忘れずに入れておきましょう。

レストランの許可証と免許証

新しいレストランを始めるには、連邦、州、地域の許可やライセンスを取得する必要があります。レストランの許可やライセンスを申請する際には、法律家に相談すると、手続きの漏れを防ぐことができます。

レイアウトとスペースの設計

新しいレストランのレイアウトには、「フロント・オブ・ハウス」と「バック・オブ・ハウス」という2つの要素があります。それぞれのスペースには独自の条件があります。ニーズに合わせて、専門家と一緒にレイアウトを考えてみてはいかがでしょうか。

適切なスタッフを雇う

開店準備のためにテーブルに並べられた料理の後ろで笑顔を見せるシェフたち

新しいレストランをオープンする際の採用段階では、最初から優れた職場文化を築くことができます。従業員の福利厚生、トレーニングプログラム、インセンティブなどに配慮することは、将来のスタッフのワーク・ライフ・バランスを考える上で重要です。

 レストランを宣伝する

新しいレストランを始めるなら、情報を発信して未来の顧客を惹きつけなければなりません。広告では、レストランの基本的な情報を提供し、お客様にレストランの場所や料理の種類などを知ってもらいます。そのためには、お店の場所や料理の種類など、基本的な情報を提供するだけでなく、お店のブランドをアピールすることが大切です。

Back to Top