Trending

No tags found
Wednesday Sep 28, 2022

日本でビジネスを始める方法

海外ですでに会社を設立していて、日本でもビジネスを展開したいと考えている方のために、ビジネスを法人化する際には、3つのタイプのオペレーションを選択することができます。駐在員事務所(Representative Office)、支店(Branch Office)、子会社(Subscribing Company)のいずれかを設立することができます。日本では、駐在員事務所は営業活動を行うことができません。 日本国内で新規事業を開始する場合は、会社を設立して特定のビザを取得する必要があります。日本のいくつかの地域で「スタートアップVISA」と呼ばれる新しいタイプのVISAの使用が可能になってから、日本人以外の起業家が日本に来てビジネスを始めることが少しずつ容易になってきました。 以下の記事では、利用可能なビザの種類(4ヶ月ビジネスマネージャービザとスタートアップビザ)、法人(ビジネス)を登録するために必要なこと、日本で使用されているビジネス構造の種類、どこでビジネスを登録することができるかについての情報を提供します。 日本で法人(ビジネス)を登録するために必要なもの 1. 事務所の住所を登録する この住所は、テンポラリー・オフィスやバーチャル・オフィスの住所にはできません。また、ほとんどの場合、自宅の住所を事務所として使用することはできませんが、例外もあります。必要に応じて、ジェトロの家具付きオフィスを無料で利用することができます。 2. 以下の条件のいずれかを満たすこと [a) 資本金または出資金総額が500万円であること。 5,000,000円が法人の銀行口座に入っていることを証明する必要があります。また、決算報告書やその他の必要書類を提出していただきます。 (b) 2人以上のフルタイムの従業員(本人を除く)がいること。 従業員は日本の永住者であること、その他の条件があります。詳しくは入国管理局にご相談ください。 新規事業を開始するための日本のビザ 外国人が日本で新たに事業を始めるためには、特定の種類のビザを取得する必要があります。まだビザをお持ちでない方は、日本の一部の自治体(東京、福岡など)で提供されている「4ヶ月経営者ビザ」または「スタートアップビザ」を取得する必要があります。 すでに日本のビザをお持ちの方は、同じビザで新しいビジネスを始めることが法的に可能かどうか、あるいは新たにビザを申請する必要があるかどうかを確認することが重要です。 短期滞在の場合、90日ビザでは、観光、ビジネス、友人や親戚の訪問など、報酬を伴う活動を含まない限り、これらの活動を行うことができます。ビザの詳細については、外務省のウェブサイトをご覧ください。 4ヶ月ビジネスマネージャービザ の取得方法について 4ヶ月ビジネスマネージャービザは2015年に初めて提供されました。日本で会社(事業)を立ち上げようとしていることを証明でき、申請が成功すれば、日本に到着してすぐにビザを取得し、事業の立ち上げを開始することができます。 このビザは日本に到着する前に提供されますので、前もって必要な書類を日本の入国管理局に提出する必要があります。 4ヶ月のビジネスマネージャービザの有効期間は4ヶ月です。この4ヶ月間に、以下のことが可能です。 在留カードの取得(当然、住所が必要です。) 銀行口座の開設 ビジネスの登録 この4ヶ月の間に、日本でのビジネスの準備と立ち上げを行うことができます。また、経営者ビザで在留期間の延長(1年間)を申請することも可能です。

Back to Top