Trending

No tags found
Sunday May 22, 2022

マーケティングは、ビジネスにとって最も重要な理由

マーケティングは、ビジネスにとって最も重要なことの一つです。マーケティングは、ブランド認知度を高めるだけでなく、売上を伸ばし、ビジネスを成長させ、顧客を惹きつけることができます。優れたマーケティング・プランから得られるビジネスの中核機能は非常に多く、中小企業がマーケティングを行わないのは愚かなことです。 現代のビジネスにおいて、マーケティングが重要である理由を見てみましょう。 情報を提供する 基本的には、マーケティングは顧客の教育に役立ちます。あなたは製品の詳細を知っているかもしれませんが、消費者はどうでしょうか?製品を買ってもらうためには、その製品が何をするもので、どのように機能するのかをしっかりと理解してもらう必要があります。Creativs社によると、マーケティングは、自社の価値提案を楽しく面白くお客様に伝えるための最も効果的な方法だそうです。消費者教育が優先事項であるならば、マーケティングも優先すべきです。 均等化される 現代のマーケティングは、かつてないほど安価です。ソーシャル・メディア・プラットフォームや電子メール・キャンペーンのおかげで、消費者にアプローチすることがより経済的に可能になりました。 Business 2 Communityの寄稿者であるLa Mancha Sims氏は、中小企業にとって賢いマーケティングは、有名な競合他社との競争において、競争条件を平等にするのに役立つと説明しています。むしろ、マーケティングによって中小企業が有利になることもあります。中小企業の経営者は、ビジネスの規模が小さいため、さまざまなマーケティング・プラットフォームを使って顧客一人ひとりに気を配ることができる時間がはるかに長いのです。現代の消費者は価格よりも経験を重視するため、このような一対一の対応が、大手ブランドよりも顧客を引き寄せる可能性があるのです。 持続性がある 本来、マーケティングとは、企業の存在感を維持するためのものであり、エンゲージメントの不足を補うものではありません。この意味で、マーケティングは企業が消費者との健全な関係を維持するために、日々創造し、管理しなければならないものなのです。マーケティングが重要なのは、企業が消費者との長期的かつ継続的な関係を維持することができるからです。マーケティングは一度限りのものではなく、ビジネスを繁栄させるための継続的な戦略なのです。 エンゲージメント ビジネスを成功させるためには、顧客とのエンゲージメントが欠かせませんが、これは特に中小企業に当てはまります。マーケティングは、顧客がドアから出て行ってしまった後、いかにして会話を続けるかという問題を解決します。かつて、B2Cのエンゲージメントの多くは、対面式で行われていました。ピザ屋に入って、ホステスに話しかけ、ウェイターと笑い、オーナーに手を振る、といった具合です。このような対面式のエンゲージメントは今でも健在ですが、もはやそれだけでは十分ではありません。消費者は店の外でもエンゲージメントを求めています。ここでマーケティングの出番です。どんな媒体であれ、お客様にコンテンツを送ることで、店舗の営業時間外でもお客様を惹きつけることができます。消費者はブランドとの関係を築きたいと思っていますが、マーケティングはそのために活用できます。 売れる マーケティングが重要なのは、商品やサービスを売るために役立つからです。ビジネスの最終目標はお金を稼ぐことですが、マーケティングはその最終目標を達成するために不可欠なチャネルです。クリエイティヴは、「マーケティングがなければ、多くのビジネスは成り立たない」と説明します。良い製品を提供することはもちろんですが、そもそも製品を知ってもらえなければ、どうやって売上を上げることができるのでしょうか?簡単に言うと 簡単に言えば、「できない」のです。中小企業は、新鮮で魅力的なコンテンツを作成して顧客を引きつけ、購買につなげる必要があります。マーケティングが売上に貢献し、売上がビジネスに貢献する、これ以上のことはありません。 成長 マーケティングは、ビジネスを成長させるための重要な戦略です。現在の顧客を最優先するのは当然ですが、マーケティング活動はこの顧客層を拡大するのに役立ちます。ソーシャルメディアへの投稿やEメールキャンペーンなどのちょっとした工夫で、既存の消費者を惹きつけるだけでなく、新たな潜在顧客にも情報を広めることができます。つまり、マーケティングは、新旧の顧客との関わりを通じて、ビジネスの将来を確かなものにするのです。

7つの簡単なステップでビジネスプランを書く方法

ビジネスプランを効果的に書くことで、資金調達や意思決定、新しい人材の獲得に役立ちます。 ビジネスプランの書き方に決まったフォーマットはありませんが、一般的に含まれている要素がいくつかあります。ここでは、ビジネスプランを書く際に考慮すべき重要なポイントをご紹介します。 1. エグゼクティブサマリー  半ページ以下のエグゼクティブサマリーでは、ビジネスを簡単に紹介し、ビジネスプランの目的を説明します。資本を集めるために計画を書いているのか?そうであれば、どのくらいの資金を集めたいのか、どのように返済していくのかを明記します。 2. 会社概要  会社を正しく紹介するためには、より広い業界についても説明することが重要です。あなたの市場の経済的価値はどのくらいですか?あなたの会社の成功に影響を与えるような市場動向はありますか?業界の状況とその将来性は?投資家や従業員に自社の環境を完全かつ正確に伝えるために、データを使って主張を裏付け、ポジティブな情報もネガティブな情報もすべて盛り込むようにしましょう。 3. 市場分析と機会 ビジネスプランを完成させるためにはリサーチが重要であり、理想的にはプランそのものを書くよりもリサーチや分析に時間をかけるべきです。広範な市場の規模、成長、歴史、将来の可能性、そして現在のリスクを理解することは、ビジネスの成功に不可欠であり、これらの考慮事項をここに記述する必要があります。 4. 競合分析  競合他社との差別化要素を説明するだけでなく、競合他社自体を深く分析することも重要です。 直接的、間接的な競合企業の事業内容、財務状況、歴史、リーダーシップ、販売チャネルなどを掘り下げて調査する必要があります。また、競合他社の価値提案を探り、競合他社の強みや弱みに対抗したり、利用したりする方法を説明する必要があります。 5. 実行計画:運営、開発、管理  この項目では、この計画を達成するために必要な作業をどのように行うかについて詳細に説明します。組織構造や、チーム、請負業者、物理的・デジタル的資産の日常的な運用に関する情報を記載します。 会社の組織図や、リーダーシップチームに関するより詳細な情報を含めることも検討してください。彼らは誰か?どんな経歴を持っているのか?彼らは何をもたらしてくれるのか?また、チームのキーパーソンの履歴書を添付することも可能です。 6. マーケティングプラン  事業を拡大したり、新しい戦略を開始したりする際には、包括的なマーケティング計画を立てることが重要です。ビジネスプランのこのセクションでは、ビジネスをどのように宣伝し、顧客を惹きつけ、既存の顧客を維持するかを示す必要があります。 7. 財務履歴と財務予測   事業計画書では、会社経営に関わるすべての財務状況を開示することが重要です。これは、今後の業績予測やこれまでの進捗状況を株主に正しく理解してもらうためです。

ドロップシッピングを始めるべき?

ドロップシッピングとは、企業が商品の在庫を持つ必要のない注文処理方法です。その代わりに、店舗が商品を販売し、その販売注文を第三者であるサプライヤーに渡し、そのサプライヤーが注文した商品を顧客に発送します。 しかし、一般的に言われているように、ドロップシッピングは一攫千金を狙えるようなものではありません。 このガイドでは、ドロップシッピングの現状を紹介します。 誰も語らないドロップシッピングの5つの厳しい真実 貯金をすべて新しいドロップシッピングビジネスにつぎ込む前に…やめておきましょう。 ドロップシッピングのビジネスは、ゼロから始めるのではなく、一人で維持するのも難しいのです。 その理由は以下の通りです。 1.利益率が低い。 確かに、自分で在庫を管理したり保管したりする必要がないため、諸経費は少なくて済みますが、その分リターンも少なくなってしまいます。 しかし、それだけではありません。つまり、利益を出すためには、多くのビジネスを行わなければならないのです。 考えてみてください。あなたが販売するたびに、そのお金のほとんどはサプライヤーに行きます。 あなたが稼いだお金は、基本的には上前をはねます。 これでは、マーケティングや広告、サイトの管理、受注管理、営業時間などの経費を賄うことはできません。 2. 競争力が高い。 ドロップシッピングビジネスを始めるのに必要な資金はごくわずかなので、その参入障壁の低さは競争の激しさを意味し、人気の高い市場は他の市場よりも苦戦を強いられます。 基本的に、企業が大きければ大きいほど、マークアップを減らして最低価格を提供することができます。 先に述べたことを繰り返すと、中小企業は価格競争力を維持するために利益を削らなければならず、ある時点でそれが維持できなくなってしまいます。 さらに悪いことに、あなたはサプライヤーと独占的な契約をしていないかもしれません。 つまり、同じ製品を販売している競合他社がいくらでもあるということです。また、起業したばかりの企業であれば、長年の経験を持つライバル企業がリソースを持っているため、価格を下げることができません。 3. サプライチェーンの管理ができない。 通常のEコマースでは、お客様から製品の品質や発送のスピード、返品ポリシーなどについてクレームがあった場合、自分で問題を解決することができます。 しかし、ドロップシッピングでは、仕入先の言いなりになりますが、お客様と直接話をしなければならないのはお客様です。 ドロップシッピングでは、仕入先が問題を解決してくれることを期待しつつ、自分たちではどうにもならないことでお客様を安心させることしかできないという、窮地に立たされていると言えます。 その上、ドロップシッパーがお客様とサプライヤーの間を行ったり来たりすることで、コミュニケーションに遅れが生じます。一方の回答が遅いと、すべてのコミュニケーションが停止し、問題解決に時間がかかります。 4. 法的責任の問題。 これはドロップシッパーにとって一般的な問題ではありませんが、言及しておく価値はあります。サプライヤーの中には、彼らが主張するほど合法的ではないものもあり、商品がどこから来たのかわからないこともあります。 さらに欺瞞的なのは、サプライヤーが商標登録されたロゴや他社の知的財産を違法に使用している場合で、これは平均以上に起こることです。 サプライヤーがどのような違法行為を行っていても、そのベンダーであるあなたは自動的に加担することになります。 5. ブランドの確立が難しい。 ゴーストライターや裏方の作曲家のように、ドロップシッピングを行う人は、自分の作品のクレジットが誰かに渡ることを理解しなければなりません。 もし、あなたが販売している商品がとても素晴らしいものであったとしても、お客様はその商品のブランドに主眼を置き、買い物の体験を完全に忘れてしまうでしょう。 箱にはあなたのロゴが入っていないのですから。 買い物客はまずお気に入りのオンラインショップを利用する傾向があるため、eコマースではブランディングが非常に重要です。

日本でビジネスを始める方法

海外ですでに会社を設立していて、日本でもビジネスを展開したいと考えている方のために、ビジネスを法人化する際には、3つのタイプのオペレーションを選択することができます。駐在員事務所(Representative Office)、支店(Branch Office)、子会社(Subscribing Company)のいずれかを設立することができます。日本では、駐在員事務所は営業活動を行うことができません。 日本国内で新規事業を開始する場合は、会社を設立して特定のビザを取得する必要があります。日本のいくつかの地域で「スタートアップVISA」と呼ばれる新しいタイプのVISAの使用が可能になってから、日本人以外の起業家が日本に来てビジネスを始めることが少しずつ容易になってきました。 以下の記事では、利用可能なビザの種類(4ヶ月ビジネスマネージャービザとスタートアップビザ)、法人(ビジネス)を登録するために必要なこと、日本で使用されているビジネス構造の種類、どこでビジネスを登録することができるかについての情報を提供します。 日本で法人(ビジネス)を登録するために必要なもの 1. 事務所の住所を登録する この住所は、テンポラリー・オフィスやバーチャル・オフィスの住所にはできません。また、ほとんどの場合、自宅の住所を事務所として使用することはできませんが、例外もあります。必要に応じて、ジェトロの家具付きオフィスを無料で利用することができます。 2. 以下の条件のいずれかを満たすこと [a) 資本金または出資金総額が500万円であること。 5,000,000円が法人の銀行口座に入っていることを証明する必要があります。また、決算報告書やその他の必要書類を提出していただきます。 (b) 2人以上のフルタイムの従業員(本人を除く)がいること。 従業員は日本の永住者であること、その他の条件があります。詳しくは入国管理局にご相談ください。 新規事業を開始するための日本のビザ 外国人が日本で新たに事業を始めるためには、特定の種類のビザを取得する必要があります。まだビザをお持ちでない方は、日本の一部の自治体(東京、福岡など)で提供されている「4ヶ月経営者ビザ」または「スタートアップビザ」を取得する必要があります。 すでに日本のビザをお持ちの方は、同じビザで新しいビジネスを始めることが法的に可能かどうか、あるいは新たにビザを申請する必要があるかどうかを確認することが重要です。 短期滞在の場合、90日ビザでは、観光、ビジネス、友人や親戚の訪問など、報酬を伴う活動を含まない限り、これらの活動を行うことができます。ビザの詳細については、外務省のウェブサイトをご覧ください。 4ヶ月ビジネスマネージャービザ の取得方法について 4ヶ月ビジネスマネージャービザは2015年に初めて提供されました。日本で会社(事業)を立ち上げようとしていることを証明でき、申請が成功すれば、日本に到着してすぐにビザを取得し、事業の立ち上げを開始することができます。 このビザは日本に到着する前に提供されますので、前もって必要な書類を日本の入国管理局に提出する必要があります。 4ヶ月のビジネスマネージャービザの有効期間は4ヶ月です。この4ヶ月間に、以下のことが可能です。 在留カードの取得(当然、住所が必要です。) 銀行口座の開設 ビジネスの登録 この4ヶ月の間に、日本でのビジネスの準備と立ち上げを行うことができます。また、経営者ビザで在留期間の延長(1年間)を申請することも可能です。

Back to Top