Trending

No tags found
Saturday Jun 25, 2022

寿司の歴史

日本の代表的な食事である寿司。この記事では、寿司の歴史を振り返ります。 寿司の起源 寿司の起源は、何千年にもわたってアジア、つまり中国の田園地帯にあると言われています。一般的には、寿司は日本で作られたものだと思われています。しかし、実際はそうではありません。寿司の起源は中国の「なれずし」と呼ばれる料理にまでさかのぼります。 この料理が中国から日本に伝わったのは、8世紀のこと。寿司という言葉が初めて登場するのは、718年に書かれた「養老律令」でした。 その後、何世紀にもわたって、この料理はゆっくりと変化していきました。日本人は1日3食を食べ、米を煮て、米酢を使って米を早く発酵させるようになります。保存されていた魚の匂いはまだ強かったが、発酵が早くなったことで、日本の寿司料理を作る時間が短縮されたのです。 18世紀半ばには、寿司は江戸にも広まり、松の司、けぬき司、与平司という3つの有名な寿司屋ができます。18世紀後半には、さらに数千軒の店が続き、1852年には江戸の100×100m四方のブロック(町)には、1〜2軒の寿司屋があったと言われています。 しかし、この寿司は現在の寿司とは全く違うものでした。冷蔵設備がなかったため、調理されたものが多く、大きめのサイズで提供されていました。現在の寿司の歴史をたどるには、花屋与兵衛という料理人が寿司の世界を変えたことに注目しなければなりません。 花屋与兵衛は、シャリを捨ててしまうのではなく、酢をかけて、その上に魚の切り身を乗せれば、風味豊かな一口サイズのご馳走になることを発見しました。握りが誕生し、欧米での寿司の歴史は日本から始まったのです。その後、この料理は世界中に広まっていくことになりました。 西洋文化の中の寿司 明治維新後の日本人移民によって、1900年代初頭には欧米にも寿司が伝わっていきました。しかし、上流階級以外には普及しておらず、1900年代後半になると日本人の移民が減り、寿司の存在感も薄れていきました。 第二次世界大戦終了後、日本が国際貿易、観光、ビジネスに再び開放された数年後に、アメリカで寿司が再び人気を集め始めます。1960年代に入ると、アメリカでも本格的なブームが到来し、中流階級のアメリカ人が寿司を食べ始め、気に入ったといいます 食の歴史の多くがそうであるように、寿司を西洋の食卓に広めたのはどのレストランかという点については議論が多く、誰がその責任を負うのかを明確にすることはできません。 しかし、ロサンゼルスの「川福」は、最初に寿司を提供したレストランのひとつとして、その名誉を称えられています。さすがに生魚を食べるということがアメリカで浸透するのには時間がかかりましたが、1960年代後半には寿司が流行し、各地に新しい寿司店がオープンしていきました。 アメリカ人が寿司を食べることに慣れるために、多くのレストランが新しい味の組み合わせや寿司ロールを試し始めました。カリフォルニアロールは、キュウリ、カニカマ、アボカドを白米と一緒に巻いた巻きずしです。 巻き寿司の中にカニの身が入っているので、生の魚を食べても気にならない。そうして、寿司屋は日本中に広まっていったのです。

日本に行ったら絶対に食べたい日本の伝統料理

日本に行ったら、必ず食べたい日本の伝統料理をご紹介します。寿司、味噌汁、うなぎ、天ぷら、そば、うどん、おにぎりなど、日本の豊かな食文化である「和食」を満喫するためのメニューをご紹介します。 お寿司 世界で最もよく知られている日本食のひとつが「寿司」です。一皿100円程度のリーズナブルな価格で寿司を楽しめるエンターテインメント性の高い回転寿司から、静かなカウンターに座って目の前で握られる寿司を食べる高級老舗の江戸前寿司まで、その提供方法や価格はさまざま。 寿司は通常、押した酢飯の上に、ネタと呼ばれる生の魚介類を載せた料理を指します。寿司は一般的に醤油とワサビで食べますが、ワサビがあまり好きでない人は「サビ抜き」を頼むことができます。 お寿司は、お箸で食べることも、直接手で食べることもできます。 刺身 刺身もぜひ試していただきたい食べ物です。お寿司に似ていますが、お米がない分、生の魚を食べやすく切ったものです。日本各地で獲れる魚は質が高いので、東京や京都など、どこに行っても美味しく食べることができます。 寿司と同じように、刺身にも数多くの種類があり、代表的なものとしては、マグロ、サーモン、サバ、鯛などがあります。また、アサリやウニ、イクラなども人気があります。いろいろな種類を注文して、自分の好みの魚介類を見つけてください。 天ぷら 天ぷらは、魚介類や肉、野菜などの食材に衣をつけて油で揚げる料理です。衣には通常、小麦粉と卵が使われ、天ぷらは一般的に「天つゆ」と呼ばれる特別なソースにつけて食べます。天つゆとは、昆布や鰹節からとった出汁、みりん、醤油を4:1:1の割合で混ぜ合わせて煮詰めたもの。お好みで生姜や大根おろしを加えると、よりさっぱりとした味わいになります。 うなぎ ウナギは主に川に生息する魚として知られています。日本では、高級日本料理店の代表的な珍味です。また、カジュアルなレストランでも、うなぎ料理の専門店がたくさんあります。うなぎ料理店では、串に刺したうなぎを、醤油、みりん、砂糖、酒などを加えた特製のタレで焼き上げる「蒲焼」が味わえます。 名古屋の名物料理「ひつまぶし」も、ぜひ食べておきたい伝統料理のひとつ。白いご飯の上に切り分けた蒲焼が乗っているという見た目には驚きますが、ネギやワサビなどの薬味を添えたり、温かい緑茶や出汁をかけてお茶漬けにしたりと、さまざまな食べ方があります。 そばとうどん そばは、そば粉に水と小麦粉を加えて薄くのばし、幅1cm~2cmの麺に切った麺料理です。麺をお湯で茹でた後、冷たい汁に浸したり、熱い汁をかけたりして食べます。そばをおいしく食べるためには、昆布や鰹節でとった出汁に醤油やみりんで味付けした「つゆ」が欠かせない。 そばは温かくても冷たくても食べられるので、一年中楽しめる料理です。

日本を代表する自販機、ホットフードを提供

日本には飲料だけの自販機が多いが、「ホットフード」はお約束のように温かい食べ物を提供してくれる。高速道路の休憩所や地方都市の駅など、交通の要所に設置されており、その味は高級料理ではないものの、「ああ、日本を旅しているんだな」ということを実感させてくれた。 ホットフードを提供する自動販売機の定番がニチレイだ。東京に本社を置くニチレイは、日本有数の冷凍食品メーカーであり、冷蔵倉庫業のリーダーでもある。そして、世界には約80の子会社・関連会社がある。 ニチレイフーズの自動販売機は、ハンバーガー、チキン、フライドポテトに加え、定番の焼きおにぎりも販売していたという。空腹を抱えた旅行者には特に人気があり、しばしばソーシャルメディアにその写真が投稿された。 米 米の自動販売機が日本で人気があるのは、米はほとんどの家庭の主食であるからだ。わざわざスーパーに行かなくても、自動販売機で袋入りのお米を手に入れれば、簡単にお米を買いだめすることができる。自販機の中には、炊きたてのご飯にカレーを添えて販売しているものもあり、手軽にお腹いっぱいになることができる。スーパーやレストランと違って24時間営業なので、行列に並ぶ必要もない。 インスタントラーメン 日本の炊き込みご飯の自販機と同じように、ボタンを押すだけで温かいご飯が食べられるインスタントラーメンの自販機。日本では、外出先でもラーメンを食べたいと思うことがある。インスタントラーメンはとても簡単に作れるので、自動販売機で提供するのはとても理にかなっている。味を選んで、カップを自動販売機のお湯の出るところに置けば、熱々のカップラーメンができあがる。 ニチレイが自販機を廃止 ニュース24の記事によると、日本の温かい食べ物の自動販売機の数は、しばらくの間、減少しているという。 東京のニュースサイトによると、日本の空港や駅、フェリーターミナルなどに設置されていたニチレイフーズのホットフードの自動販売機が、3月末で廃止されるという。 日本のように自販機の数が多い国では、ある種類の自販機がなくなることに絶望することはないかもしれませんが、ニチレイの「ホットフード」は特別な存在でした。 しかし、30年以上の歴史を持つニチレイは、ホットフードの自動販売機を停止し、アンインストールすることにした。なぜか?それは、ここ数十年の間にコンビニエンスストアが日本中に普及し、営業時間が24時間に延長されたからだ。基本的に、ニチレイのホットフード販売機は、コンビニエンスストアが提供するスナックや食事、おやつなどの幅広い品揃えに対抗することはできない。だからこそ、ホットフードに新たな息吹を与えているのがコンビニエンスストアだというのは、より皮肉なことなのだ。 ここ数日、懐かしい味を求めるファンが、100円ローソンの店舗でホットフードの商品を購入している。その結果、ホットフードの自動販売機で販売されていた価格の3分の1以下となる1個100円で販売されています。 これまでホットフードでは、ニチレイの「台湾風ピリ辛ひき肉チャーハン」、「ハンバーガーセット(ポテト、チキンフライ付き)」、「ホットドッグ」が100円ローソンで販売。 なお、100円ローソンは、同じ会社の「ローソン」とは別物である。100円ローソンの方が店舗数が少なく、大都市の中心部から離れた場所にあることが多い。また、「100円ローソン」の全店舗で「ニチレイホットフード」が販売されているわけではなく、今後も継続していくのか、それともニチレイが冷凍ホットフードの在庫を使い切るまでなのか、両社とも正式には発表していない。とはいえ、当面は「ニチレイホットフード」が機械を失って復活することになる。

2021年のベストフードデリバリーサービス

最高のフードデリバリーサービスでは、ピザや寿司、地元のお気に入りのレストランの食事など、食べたいと思ったものは何でも、ボタンのクリックやスマホのタップだけで注文できます。そして、少し時間が経つと、料理が玄関先に届きます。 フードデリバリーサービスを利用すれば、ベッドでの朝食、ヘルシーなランチ、家族全員分の食事、深夜のスナックなどが簡単にできます。 近年、フードデリバリーサービスは非常に人気がありますが、中でもパンデミックの際には、多くの人が外食をすることができませんでした。ほとんどの制限が解除されたとはいえ、フードデリバリーアプリがすぐにスマートフォンから削除されてしまう危険性はありません。 そこでこの記事では、今すぐ試してみたい、おすすめのフードデリバリーサービスを紹介します。 1. Grubhub(グラブハブ) フードデリバリーサービスといえば、Grubhub(グラブハブ)が真っ先に思い浮かぶのには理由があります。Grubhubは、全米チェーン店から近所の小さなダイナーまで、実にさまざまなレストランと提携しており、思いつく限りの食べ物の欲求を満たすことができる品揃えとなっています。 Grubhubを使えば、料理や場所でレストランを検索し、メニューから素早く料理を注文して、アプリで注文内容を確認することができます。そして、デリバリーやテイクアウトを注文したり、アプリ内でしか利用できないお得なサービスを利用したりすることができます。また、アプリ内の配達指示ボックスで、ドライバーに連絡せずに配達を希望する場合は、食事の置き場所をドライバーに伝えることができます。 メリット ・充実したサービス ・地元のレストランだけでなく、全国チェーンのレストランも利用可能 ・複数の支払い方法に対応している デメリット ・一部のレストランでは、配送料を含むサービスが提供されている 2. DoorDash DoorDashは現在、北米とオーストラリアの4,000都市で展開しています。DoorDashは、寿司からファーストフードまで幅広いジャンルの料理を提供しており、簡単な注文、配達状況の確認、料理の受け取り、都合の良い時間帯の配達予約などの機能を備えています。 このアプリには、料理の品質や、レストランがDoorDashとどの程度連携して料理を迅速に提供しているかを評価する「Yum Score」が含まれており、美味しくて温かい料理を提供してもらいたい場合に役立つ機能です。また、DoorDashでは、現地の法律で許可されている場合、現地のワインショップやリカーショップからアルコールやミキサーを注文することもできます。また、他のベストフードデリバリーサービスと同様に、DoorDashの配達指示ボックスでは、食事を届ける場所を指定することができ、連絡先なしで配達を受けることができます。 メリット ・レストランを探すのに便利なレコメンドエンジン ・地元のレストランから全米展開しているチェーン店まで幅広くカバーしている ・月々のDashPass利用でサービス料が安くなる デメリット ・Grubhubほどリーチが広くない。 ・配達料が異なる場合がある 3. シームレス Grubhubと同様に月額9.99ドルの会員になると、地元のレストランや全米チェーンのレストランの料理を、追加料金なしで配達してくれます。GrubHubと同様に、配送料を節約したい場合は月額9.99ドルのメンバーシップが必要ですが、それ以外は無料で利用できます。 料理や場所ごとに検索して、職場や自宅に配達してもらうことができます。また、食事を用意しておいてもらうことも可能です。シームレスサービスは米国の多くの都市で展開されていますが、中でもニューヨークでの展開が最も優れています。 メリット ・配信範囲の広さ ・地元のレストランだけでなく、全国チェーンのレストランも利用可能 ・複数の支払い方法に対応している デメリット ・一部のレストランのサービスには配送料が含まれている

世界で最も贅沢な和牛

和牛は、キャビアや黒トリュフと同様に、高級肉の代名詞となっています。しかし、和牛ステーキに関するすべての事実は、経験豊富な人でも知らないことが多いのではないでしょうか。 和牛とは? 和牛とは、簡単に言えば「日本の牛」という意味ですが、そのわかりやすい定義とは裏腹に、誤った情報が多く存在します。 和牛は日本の牛だけを指す言葉ではありません。私たちが口にする高級和牛とは、特別な遺伝子を持つ特定の品種の和牛のことです。日本には4つの品種がありますが、そのうちの1つの品種は遺伝的に特殊です。この品種は、筋肉の内側に脂肪がついているような異常な霜降りを作る遺伝的素因を持っています。 普通のステーキを思い浮かべてみてください。普通のステーキを思い浮かべると、外側に脂肪がついていることが多いでしょう。和牛の場合、牛が内部で脂肪を代謝するため、筋肉の中に統合されるのです。 その結果、舌の上で溶けてしまうような、豊かで甘美な牛肉が生まれるのです。高級な和牛であれば、ほとんど火を通す必要はありません。中間の部分はできるだけ生のままにしておきたい。と、シカゴにある「GT Prime」のエグゼクティブ・シェフ、ジュゼッペ・テントリ氏は言います。 日本和牛とアメリカ和牛の違いは? アメリカ産和牛と日本産和牛の最大の違いは、格付けの緩さや飼育方法の違いに加えて、日本産和牛が純血種であるのに対し、アメリカ産和牛は交雑種であることです。「アメリカ産和牛は、強烈な風味を持つクレイジーな霜降り肉ですが、アンガスと交配した和牛である可能性が高いのです」とヘンダーソンは言います。 「そのほとんどすべてが、アンガス牛と和牛を無秩序に交配したDNAです」とハイツバーグは言います。「私は自分の体重の何倍もの日本産和牛とアメリカ産和牛を食べましたが、アンガスに和牛を混ぜたもので、日本産和牛が100%の時のような味のものは一切ありませんでした」。 そのため、アメリカ産和牛には日本産和牛のような甘いうま味がなく、口の中でとろけるような霜降りのレベルには達していません。しかし、アメリカ産和牛がおいしくないということではない、とハイツバーグは言います。 「アメリカ産の和牛は素晴らしい。もっとたくさん食べられます。「日本の和牛は、脂肪分が多くて濃厚なので、ほとんどの人が数口しか食べられず、圧倒的な存在感を放っています。日本産の和牛は脂が多くて濃厚なので、多くの人は数口しか食べられず、とても食べきれません。だから、ステーキを食べたい気分のときに巨大なステーキを食べたいと思っても、日本産の和牛では無理なのです」。 一方で、アメリカ産の和牛は、アンガスステーキのような馴染みのある牛肉の風味を持っています。「日本の和牛は、軽いビールのようなものです。牛肉の味があまり感じられず、表現しがたいうま味があります。甘味にも似ていますね」とハイツバーグ氏は言います。

ロボットウェイターがいる東京の新しいカフェ

信じられないようなユニークな文化が誕生する場所、東京。今回そんな東京の日本橋に新しくオープンした「ドーン・アバター・ロボットカフェ」は、ロボットがウェイターを務めるカフェとして注目を集めています。 「ドーンアバター・ロボットカフェ」の誕生 2021年6月22日、ロボットが運営する東京最新のカフェが日本橋にオープンしました。 新宿の「ロボットレストラン」では、ロボットに扮した人間がディナーショーを行っていますが、「ドーンアバター・ロボットカフェ」では、本物の人型ロボットがお客さまをお迎えし、お食事やお飲み物を提供します。 このカフェは、障害者の雇用機会を増やすことで、アクセシブルなビジネスとして運営されています。 「ドーンアバター・ロボットカフェ」では障がいや育児などの理由で長時間外出できない人のために、インターネットを介して遠隔操作されるロボットが、アバターとして登場します。  株式会社オリィ研究所 「ドーンアバター・ロボットカフェ」は、アクセシブルな社会の実現を目指す日本のロボット企業、株式会社オリィ研究所の最新の事業です。共同創業者である吉藤健太郎氏は、3年以上も病院で寝たきりになった経験から、遠隔操作が可能なアバターロボットをデザインすることを思いついたそうです。 「OriHime-D」と呼ばれるロボットは、身長120cmで、カメラ、マイク、スピーカーを搭載しており、空間を移動しながら「話す」「命令を受ける」ことができます。そして、命令に従いつつ、ウェイターとして働くことができるのです。 アバターロボットカフェ の社会参加が困難な人もいます。このロボットは目の動きだけで操作できるので、体が不自由な人でもカフェで働くことができます。ロボットのアバターを使うことで、他の人と交流する機会が増え、障害を持つことによる孤独感が軽減されるという点で、これは大きな進歩です。  今井通夫の例 東京のカフェで、今井通夫はお客さまをお迎えしていますが、それは本人ではありません。今井さんは、800キロ離れた広島市で、インクルーシブ雇用の実験の一環として、ロボットウェイターを操作しているのです。 今井さんは、ドーンカフェの「パイロット」として働く約50人の心身障害者の一人で、自宅でロボットスタッフを操作しています。 このカフェのロボットは、単なる仕掛けではなく、外で働くことが難しい人たちに仕事の機会を提供することを目的としています。 ロボットのコントローラーは、日本のウェイターの標準的な給与である時給1,000円を得ています。 現代社会では、一般的な企業の標準的なシステムや、東京のような混雑した都市を移動する際の身体的リスクのために、従来の意味での社会参加が困難な人がいます。このロボットは目の動きだけで操作できるので、体が不自由な人でもカフェで働くことができます。アバターロボットを使うことで、他の人と交流する機会が増え、障がいによる孤独感が軽減されるという点で、これは大きな進歩です。 

Back to Top