Trending

No tags found
Wednesday Sep 28, 2022

ロボットウェイターがいる東京の新しいカフェ

信じられないようなユニークな文化が誕生する場所、東京。今回そんな東京の日本橋に新しくオープンした「ドーン・アバター・ロボットカフェ」は、ロボットがウェイターを務めるカフェとして注目を集めています。 「ドーンアバター・ロボットカフェ」の誕生 2021年6月22日、ロボットが運営する東京最新のカフェが日本橋にオープンしました。 新宿の「ロボットレストラン」では、ロボットに扮した人間がディナーショーを行っていますが、「ドーンアバター・ロボットカフェ」では、本物の人型ロボットがお客さまをお迎えし、お食事やお飲み物を提供します。 このカフェは、障害者の雇用機会を増やすことで、アクセシブルなビジネスとして運営されています。 「ドーンアバター・ロボットカフェ」では障がいや育児などの理由で長時間外出できない人のために、インターネットを介して遠隔操作されるロボットが、アバターとして登場します。  株式会社オリィ研究所 「ドーンアバター・ロボットカフェ」は、アクセシブルな社会の実現を目指す日本のロボット企業、株式会社オリィ研究所の最新の事業です。共同創業者である吉藤健太郎氏は、3年以上も病院で寝たきりになった経験から、遠隔操作が可能なアバターロボットをデザインすることを思いついたそうです。 「OriHime-D」と呼ばれるロボットは、身長120cmで、カメラ、マイク、スピーカーを搭載しており、空間を移動しながら「話す」「命令を受ける」ことができます。そして、命令に従いつつ、ウェイターとして働くことができるのです。 アバターロボットカフェ の社会参加が困難な人もいます。このロボットは目の動きだけで操作できるので、体が不自由な人でもカフェで働くことができます。ロボットのアバターを使うことで、他の人と交流する機会が増え、障害を持つことによる孤独感が軽減されるという点で、これは大きな進歩です。  今井通夫の例 東京のカフェで、今井通夫はお客さまをお迎えしていますが、それは本人ではありません。今井さんは、800キロ離れた広島市で、インクルーシブ雇用の実験の一環として、ロボットウェイターを操作しているのです。 今井さんは、ドーンカフェの「パイロット」として働く約50人の心身障害者の一人で、自宅でロボットスタッフを操作しています。 このカフェのロボットは、単なる仕掛けではなく、外で働くことが難しい人たちに仕事の機会を提供することを目的としています。 ロボットのコントローラーは、日本のウェイターの標準的な給与である時給1,000円を得ています。 現代社会では、一般的な企業の標準的なシステムや、東京のような混雑した都市を移動する際の身体的リスクのために、従来の意味での社会参加が困難な人がいます。このロボットは目の動きだけで操作できるので、体が不自由な人でもカフェで働くことができます。アバターロボットを使うことで、他の人と交流する機会が増え、障がいによる孤独感が軽減されるという点で、これは大きな進歩です。 

低炭水化物ダイエット。低炭水化物ダイエットは減量に有利に働くか?

低炭水化物ダイエットは、体重を減らすのに有利なのでしょうか? 低炭水化物ダイエットとは、穀物、でんぷん質の野菜、果物に含まれる炭水化物を制限し、タンパク質と脂肪を多く含む食品を重視するダイエット方法です。低炭水化物ダイエットには多くの種類があります。それぞれのダイエットは、食べられる炭水化物の種類と量の制限が異なります。 目的 低炭水化物ダイエットは、一般的に体重を減らすために行われます。低炭水化物ダイエットの中には、2型糖尿病やメタボリックシンドロームのリスクを軽減するなど、体重減少以外の健康上のメリットがあるものもあります。 低炭水化物ダイエットを行う理由 低炭水化物ダイエットを選択する理由は、以下の通りです。 ・体重を減らすために特定の炭水化物を制限する食事をしたい ・食生活全体を変えたい ・低炭水化物ダイエットで紹介されている食品の種類や量を楽しみたい。 食事内容 低炭水化物ダイエットは、炭水化物の量を制限するダイエット方法です。炭水化物は、単純天然物(牛乳の乳糖や果物の果糖)、単純精製物(食卓砂糖)、複合天然物(全粒粉や豆類)、複合精製物(白い小麦粉)に分類されます。 自然界に存在する炭水化物の一般的な供給源は以下の通りです。 穀物 果実 野菜 牛乳 ナッツ 種子 豆類(豆、レンズ豆、エンドウ豆) 一般的に、複合糖質は消化がゆっくりで、精製された糖質よりも血糖値への影響が少ないです。また、食物繊維も含まれています。 砂糖や白い小麦粉などの精製された炭水化物は、加工食品に加えられることが多いです。 精製された炭水化物を含む食品の例としては、白いパンやパスタ、クッキー、ケーキ、キャンディー、砂糖入りのソーダやドリンクなどがあります。 体は、炭水化物を主なエネルギー源として使用します。複雑な炭水化物は、消化中に単糖(グルコース)に分解され、血液中に放出されます(血糖値)。 インスリンが分泌され、ブドウ糖が体内の細胞に入り、エネルギーとして利用されるのを助けます。余分なブドウ糖は肝臓や筋肉に蓄えられ、一部は体脂肪に変換されます。 低炭水化物ダイエットは、体に蓄積された脂肪をエネルギーとして燃焼させることで、体重を減らすことを目的としています。 低炭水化物ダイエットの代表的な食品 一般的に、低炭水化物ダイエットでは、タンパク質と一部の非豆科野菜を中心に摂取します。低炭水化物ダイエットでは、一般的に、穀物、豆類、果物、パン、お菓子、パスタ、でんぷん質の野菜を制限し、時にはナッツや種子も制限します。ただし、一部の低炭水化物ダイエットプランでは、少量の果物、野菜、全粒穀物の摂取が認められています。 低炭水化物ダイエットでは、1日に摂取する炭水化物の量を0.7〜2オンス(20〜57g)に抑えるのが一般的です。この量の炭水化物で、80~240キロカロリーを摂取できる。 低炭水化物ダイエットの中には、ダイエットの初期段階で炭水化物を大幅に制限し、その後、徐々に許可される炭水化物の量を増やしていくものもある。 一方、アメリカ人のための食事ガイドラインでは、炭水化物が1日の総摂取カロリーの45%から65%を占めることを推奨しています。つまり、1日に2,000キロカロリーを摂取する場合、炭水化物は1日に900〜1,300キロカロリーを占めることになります。 体重減少 カロリーを制限し、運動量を増やせば、ほとんどの人が体重を減らすことができます。1週間で1〜1.5ポンド(0.5〜0.7kg)減量するには、1日の食事量を500〜750キロカロリー減らす必要があります。 低炭水化物ダイエット、特に超低炭水化物ダイエットは、低脂肪ダイエットよりも短期間での体重減少効果が大きいかもしれません。しかし、ほとんどの研究では、12ヶ月または24ヶ月の時点では、低炭水化物ダイエットの効果はあまり大きくないとされています。

Back to Top